Microsoft Teamsコンプライアンスガード

製品説明のダウンロードはこちら

Microsoft Teamsの運用リスク

Microsoft Teamsにはログが残らない利用パターンが多数存在しています。

通話およびビデオ会議ではMicrosoft Streamを利用した録画機能はすでにありますが、
強制録音もしくは強制録画が出来ないため、「外部フェデレーション」、「ゲストユーザ参加等」の利用においてリスクが高いです。

1 対 1 、会議の 1 対 1 、会議の 1 対 1 の 音声・映像
1 対 1 、会議の 1 対 1 の 音声・映像 デスクトップ共有
1 対 1 、会議のプログラム共有

Microsoft Teams コンプライアンスガードの特徴

会議および1対1の通話が開始されるのと同時に、
「強制録音」+「スクリーンショットの取得」もしくは「強制録画」を開始し、
指定のサーバへと録音または録画データのアップロードを開始します。

さらに今後さらなる利用操作ログの追加をおこなっていきます。

詳しい仕様と内容についてはこちらの資料をご覧ください。

製品説明をダウンロード

お客様の業務に合わせて
カスタマイズ版をご提供いたします。

お客様の業務、要件をお聞かせいただければ、それに合致した アプリケーションを構築させていただくことが可能です。

カスタマイズ版のご提供

お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください
後日担当者より回答させていただきます
フェアユース株式会社(以下、当社という) では、当社の掲げる個人情報保護方針・関連規定、法令に沿って、今後のサービスご提供の期間に個人情報の適正な取扱い、管理及び保護に努めます。
つきましては、"個人情報取扱い同意書"の内容をご理解いただき、個人情報の提供及び利用に同意(チェックボックスへチェック)いただきますようお願いいたします。

同意する
メールアドレス
ご担当者名
電話番号 (任意)
御社名・部署名
お問い合わせ内容